残業代

2021年02月25日

NO.14 労働審判1回目において、本来の残業代から100万円減額した金額で示談を成立させた事案

<事案>  退職後の従業員から、未払賃金として残業代の請求を受けた事案。 会社代表者が自身で交渉していたが、交渉が決裂し、相手方から労働審判を提起されたため、来所された。 <解決に至るまで>  弁護士が介入し、相手方の主張書面に対する反論文を裁判所に提出の上、労働審判に臨んだ。 結果、相手方の請求金額から193万円減額... 続きはこちら≫

2018年07月30日

NO.05 従業員を信頼して勤務させていたところ、不当に多額な残業代請求をされた事例

<事案> Xさんは、飲食店を経営しています。 ある日、従業員Gが突然来なくなりました。Xさんは、Gと話し合いをしましたが、Gは「残業代を請求する」との一点張りでした。その後、Gが労働基準監督署に相談へ行ったことから、Xさんのところへ連絡があり、どのように対応すべきか困られ、当事務所にご相談にいらっしゃいました。 きちん... 続きはこちら≫

2018年04月26日

No.01 元従業員から請求された高額未払残業代を3分の1に減額した事例(飲食業)

<事案> M社は、飲食業を営んでおり、盛りが多いことが有名で、お客様から高い評価を受けています。 M社は、従業員を住み込みで雇っており、M社の代表からすれば、従業員とはいえ、家族のように扱っていたようでした。そのお気持ちからか、雇用契約書を交わしておらず、正確な労働時間も把握しておりませんでした。   また、... 続きはこちら≫