パワハラとは?

第1 パワハラって何?

 「パワハラ」、すなわちパワーハラスメントについては、働いていれば一度は耳にされているかと思われます。職場におけるいじめ、いやがらせの類といったイメージを持っている方も多いでしょう。
 パワハラが職場で行われた場合には行為者のみならず使用者も不法行為責任や雇用契約上の責任を負わされる場合があり、労務管理上重要な関心事項となっています。
 しかし、パワハラについては、法律上明確に定義がなされているわけではありません。
 もっとも、厚生労働省が運営する「あかるい職場応援団」では、パワハラを次のように定義しています。
 「職場のパワーハラスメントとは、同じ職場で働く者に対して、職務上の地位や人間関係などの職場内での優位性を背景に、業務の適正な範囲を超えて、精神的・身体的苦痛を与える又は職場環境を悪化させる行為をいう。」
 ここにいう「職場内での優位性」とは、上司・部下の関係に限らず、先輩・後輩間や同僚間でも当てはまります。
 とはいえ、パワハラに関する裁判例を通して、問題となる使用者、従業員の行為を把握しておく必要があります。

第2 どういった場合にパワハラになるの?

 パワハラには以下の6つのパターンがあるとされています。パワハラには以下の6つのパターンがあるとされています。① 身体的な攻撃型:叩く、殴る、蹴るなどの暴行を受ける。丸めたポスターで頭を叩く。

② 精神的な攻撃型:同僚の目の前で叱責される。他の職員を宛先に含めてメールで罵倒される。必要以上に長時間にわたり、繰り返し執拗に叱る。

③ 人間関係からの切り離し型:1人だけ別室に席をうつされる。強制的に自宅待機を命じられる。送別会に出席させない。

④ 過大な要求型:新人で仕事のやり方もわからないのに、他の人の仕事まで押しつけられて、同僚は、皆先に帰ってしまった。

⑤ 過小な要求型:運転手なのに営業所の草むしりだけを命じられる。事務職なのに倉庫業務だけを命じられる。

⑥ 個の侵害型:交際相手について執拗に問われる。妻に対する悪口を言われる。

 

 また、労働問題の裁判例は、その当事者や生じた問題も事例ごとに様々ですが、どういった点が問題となったかで一定の分類をすることができます。例えば、

1.使用者の指導・命令の限界が問題となった事例

2.使用者の退職強要等が問題となった事例

3.パワハラによる心身への影響から使用者の安全配慮義務が問題となった事例

4.労災認定との関係で問題となった事例

という分類が可能です。